スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Processing初心者講座・ビジュアルプログラミング導入①

では早速プログラミングに入っていきましょう。

今回は初回なので

基本的なProcessingにおける書き方を綴っていきます。

JAVAを使ったことがある人はわかるかもしれませんが、ProcessingはJAVAベースのスクリプト言語なのでJAVAと書き方が非常によく似ています。簡単に言ってしまえば、JAVAの簡略版です。
ようは、使いこなせればJAVAの勉強にもなるということです。

では、早速ですが以下のプログラム文をProcessingのテキストエリアに入力してください。
あ、大文字小文字はしっかり区別してくださいね。


size(200,200);

colorMode(RGB,100);

background(99,99,99);



line(10,10,100,100);




では画面左上の"Run"を押してみましょう。

Pro01

新規ウインドウが出てきて、なにやら線が書いてあります。

では、一行ずつ説明していきます。

まず、Processingはビジュアルプログラムであるためにウインドウを出す必要があります。
(というかウインドウが出る仕様になっています)


size(200,200);



これは、画面サイズの定義をしています。

size( 横幅(px) , 高さ(px)) ;

これら関数において、値はカンマで区切り、命令の終わりはセミコロン(;)を必ず入れてください。





colorMode(RGB,100);



これは使用するカラーモードの定義をしています。

Processingでは関数の名前は、連続する二つ目のワード頭文字は大文字で書くことが定例となっています。

カラーモードとは色の指定方法です。また後ほど触れます。

今回は、特に内容に影響しませんがカラーモードはRGBとします。

colorMode( カラーモード , 値の最大値);




background(99,99,99);



ここでは、ウィンドウの背景色を設定しています。
先ほど設定したカラーモードにのっとり色を指定します。

background( カラー );

値の最大値を100としたので、入力できる最大値は99となります。





line(10,10,100,100);



これは線を描く関数です。

line( X始点 , Y始点 , X終点 , Y終点 );

X,Y座標で始点、終点を設定して線を描く手法です。

ちなみにProcessingでは
X軸は左から右に向かって値が大きくなります。
Y軸は上から下に向かって値が大きくなります。





さて、かんたんですね。


一回目はこんな感じになります。また次回まで^^


Processing講座  | 次

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

TakuYosu

Author:TakuYosu
理工系の大学に通う大学四年生。専攻はHCI(Human Computer Interaction:人とコンピュータの相互作用)です。技術的というより、心理的な分野も伴います。メディアアートなどに興味があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
My Twitter
よかったらフォローお願いします。
アクセスアップや情報等交換、交流しましょう!!

you_KAZEをフォローしましょう
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。