スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめようArduino

おはようございます

タクヨス

です。


さて、今日は早速先日買った

Arduinoをつかって見ましょう。


自分自身、Arduinoは初心者なので

細かい内容まで書きます。


分からない人のためになればと

あと


自分自身にとってのメモ代わりに使わせてください。



***今日必要なもの***

・Arduino本体(Arduino Duemilanove 328)
・USBケーブル(USB SHIELDED HIGH SPEED CABLE)
・LED(何Ωでもよい)
・PC
必要なもの





まず、Arduinoを使うにあたってPC側での準備が二つ必要になります。

1.IDE(開発環境)のダウンロード
Arduino - HomePage -のDownloadより
OSに合ったIDEのダウンロードをしよう。
解凍した後はCドライブのProgram Filesの中にフォルダごと入れてしまおう。
その後にarduinoフォルダ内のarduino.exeのショートカットをデスクトップに置けば準備は完了。

2.ドライバのインストール
USBケーブルを使い、ArduinoとPCをつなぐことにより
自動的にドライバのインストールがはじまります。



では、準備が整ったところで早速はじめてみましょう。


PCに繋がれたArduinoを見てみてください。
基盤のLと書かれたところを探してみてください。
このLの横のライトが点滅していると思います。

今回はこのライトの点滅、LEDの点滅を制御してみましょう。


まず、Arduinoの接続をはずしましょう。

そして、先ほどデスクトップに貼り付けたArduino.exeをダブルクリックしてIDEを起動しましょう。

IDE

画面の白い部分が命令を書きいれる場所です
画像のように命令文を書き入れてみましょう。

なお//(ダブルスラッシュ)で始まる行はコメントと認識されますので、コマンドの説明など

として入れておきましょう。





******命令文******

//Example 01 : Blinking LED

#define LED 13 //13番ポートにLED と命名

//初期設定
void setup(){
pinMode(LED, OUTPUT);
 //ポートLEDをアウトプットに設定
}

//メインループ
void loop(){
digitalWrite(LED, HIGH); 
//ポートLEDをOnに
delay(100); //100ms(100ミリ秒)待つ
digitalWrite(LED, LOW); //ポートLEDをOffに
delay(100); //100ms(100ミリ秒)待つ
}
***************




さて、書き終えたら左上にある"File"ボタンから"Save"を選択。
"Example 01"等の名前をつけて保存しましょう。

保存が完了したら"File"ボタン下の"Verify"ボタンを押します。
このボタンを押すことで、命令文をArduino に分かりやすい文に翻訳してくれます。
これを"コンパイル"と言います。

画面下に"Done compiling."と出たなら次の作業です。



Arduino本体とLEDを準備してください。

デジタルポート

Arduino本体を見てください。
図に示す部位を"デジタル入出力ピン"といいます。
穴が16個ほどあり番号が振られています。
今回は、13番とGNDと書かれた二つの穴を使います。
LEDには長い足と短い足の2本があると思うのですが

長いほうの足を13番に
短いほうの足をGNDに刺してください。

接続

重要です。


ここまでできたら、Arduino を再びPCに接続しましょう。

PCに戻り図の四角く囲まれたボタン"Upload"を押します。
これで翻訳された命令がArduinoにアップロードされます。


アップロードが完了し次第、命令が実行されます。
チカッチカッと0.1秒ごとにLEDが点滅を繰り返します。

この動きはArduinoの電源が抜けるまで続きます。


プログラムの待ち時間などを変更してみると
点滅する間隔が変わります。

色々試してみましょう。



今回はここで終了します。
スポンサーサイト

デカメロン

昨日は近所のショッピングモールを友達と歩いてて



暑!って感じて自販機に走ってジュースを買った。



友達も買った。



みんな手に持ってるのは「デカメロン」。


え、みんな一緒!?


と思いきや、周りを見ると


母に連れられる少女の手に「デカメロン」


近所の大学の大学生3人の手に「デカメロン」


現場系のおじさんの手にも「デカメロン」


・・・・・・・・・・・・。


何だ今日は「デカメロンの日」なのか。


って、違うか!!





どうも!!おはようございます、タクヨスです。


先日は秋葉原にArduino(アルディノ)を買いにいきました。


メカには詳しくないため、どの部品を買ったらいいかわからない・・・


とりあえず、ネットでArduinoの初心者に必要な材料一覧を調べてメモして


いざ、秋葉原に突入しました。


さて、電子機器の部品等を扱っている専門店に行ったのですが


ここからが問題だった。


店内には部品がずらり。


LEDだけでも、数十種類ほど、、、


そのほか暗号のような名前の部品たちがあふれていた。


家を出たとき、「現地で直接聞いたほうが、色々分かるだろうから細かく調べなくていいや」

って考えて出てきたために


LEDでもどれを買ったらいいのか分からない。。。


抵抗器とか何Ωのものがひつようなんだろう。。。


と迷ってしまった。


とりあえず店員さんに


「Arduinoをはじめたいのですが、初心者にいいキットとかありますか?」

と聞いてみると


「当店での部品の購入はすべて自己責任で行っていただき、店員がお客様にお勧めすることはございません」






・・・とキッパリいわれてしまった。


周囲から感じる目線・・・



「初心者がここに来るんじゃねーよ」的なこの目線・・・


まるで、スキー場で初心者が上級者コースに迷い込んでしまったかのようなこの状況。。。



とりあえず細かい部品の購入は今度にして


Arduino本体と適当なテキストを購入して


そこを後にした。。。。






次はしっかり調べていこう


そう胸に言い聞かせ


りべんじだぁぁぁ!!!!

Arduino買いました

こんばんわタクヨスです!

今日は久々秋葉原へと行ってきました



今年は大学最後の一年ということもあり

卒論というものを書かなくてはいけません

んでもって、そのテーマもそろそろ明確にしなくては。。。



自分の大学が情報系なだけに

学んできたことも、どちらかと言えば

そちら側に傾いている



でも

そうはいっても

アクティビティー(?)

なことがしたくって

色々考えました。



大学三年の後期から

研究室に所属したのですが

そこで取り掛かったことのテーマが

「メディアアート」

なるものだった



技術って世の中のためにあるのだとしたら

メディアアートに使われる技術とは。。。?

まぁ、そんなんは正直どうでもいい。



とりあえず研究室で最初に取り掛かったのが

"Processing"を利用したインタラクティブアートの作成。

Procssingっていうのがデザイナーやアーティストなどによく使われている

比較的簡単なプログラム言語だ。



自分の場合、プログラミングの基礎自体しっかりしていなかったために

何気に習得に苦戦しました(今も勉強中だけれど)





と、、、前置きが長くなったというか

本題が書きたいのでこの辺でこの話は切ります



とにかく、メディアアートっていうものに興味を持って

その延長線で

"Arduino"って物に手を出しました

Arduino表

まるっきり見た目メカですが

メカに詳しくない人でも使いやすいように

また

デザイナー、アーティストにも使いやすいように

作られてるみたいです。



とにかくこれをつかって研究を進めていきます



とにかくとにかく

なんだか急ですが

眠いので寝ます。。。

おやすみなさい

Arduino裏



最後に。。。

裏の"Made in Italy"がかっこいい。。。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

TakuYosu

Author:TakuYosu
理工系の大学に通う大学四年生。専攻はHCI(Human Computer Interaction:人とコンピュータの相互作用)です。技術的というより、心理的な分野も伴います。メディアアートなどに興味があります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
My Twitter
よかったらフォローお願いします。
アクセスアップや情報等交換、交流しましょう!!

you_KAZEをフォローしましょう
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。